So-net無料ブログ作成

パンク、パンク、パンク、....そして応急手当 [メンテナンス]

月曜から白樺湖に家族旅行に行っておりました。写真は息子と乗った車山のリフトから女房と娘の乗ったリフト。

サイクリストも数人見かけましたが、自転車を持ってくるべきだったと後悔しきり...。で帰宅後の猛暑の中で出走。

スポーク交換も終えてチェーンも新品。走り出してから15分ほどでプシューッ。パンクです。手馴れたものなのでチューブ交換して走り出します。するとまた20分ほどして彩湖の周回路でプシューッ。またチューブ交換して走り出すのですが、直ぐにパンク。予備チューブが無くなったのでパンク修理しようとチューブを眺めると、規則的に傷がついています。

そうなんです。リムフラップがずれていたのでした。結局、すべての手持ちのチューブが同じ状態であることが分り、ここから悲惨なパンク修理との戦いが...修理しても修理しても修理しても空気を入れると穴が開きます。3時間ほどのパンク修理と空気入れの戦いの結果、手持ちのパッチも無くなり、もはや押して帰るかと思ったときに、ウエストバッグの中にビニールテープがあることを思い出しました。

十字に補強しながら傷のある箇所にビニールテープを巻いて貼り、空気を入れてみると乗れました。志木のワイズは水曜日はお休みです。「あさひ」まで走れればチューブが買えます。恐る恐る6kmほど走って浦和所沢バイパス脇のあさひまで空気が抜けることも無く到着。チューブを購入して外へ出てみればタイヤはぺちゃんこ。

ビニールテープは15分ほどの応急手当なら使えることが分りました。

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

らんぱぱ

 いゃ~この猛暑の中のパンクの連荘はへこみますよねぇ~

 リムフラップ ってずれやすい・・・というか・・・あのキツキツのタイヤを脱着するんですからずれて当たり前のような気がします。私の場合、ただ嵌めるだけのタイプは不安なので粘着性の ビットリア・スーパーコットンリムテープ を使用してますが、ずれず・丈夫で なかなか良いですよ!
by らんぱぱ (2007-08-16 08:12) 

shinsuke

らんぱぱさん、ありがとうございます。
暑くて暑くてパンク修理中だけで1リットルのドリンクを消費しました。
スポーク交換のときの面倒を中心に考えたのが敗因ですが、それよりも原因をつきとめずに安易にチューブ交換して走り出したのが問題を拡大させた要因です。
(だって、暑くて早く走り出したかったんだもん)
お奨めのリムテープは本日、チューブを買うときに一緒に買うことにします。
by shinsuke (2007-08-16 09:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。