So-net無料ブログ作成

タイヤを替えてみた [機材]

今まで使ってきたチューブラータイヤはVittoriaのStrada。
Vittoriaの中では、安いほうから数えて2番目です。

安いタイヤでありながら、バルブコアが外れるのでタイヤシーラントが注入できます。
また42mmのバルブ長なので38mmのリム高のホイールで使うには空気を入れるときだけバルブエクステンダーを使えば良いので、扱いやすいタイヤです。
しかも、ちゃんと乗り心地はクリンチャーには無い滑らかな感覚が楽しめます。

悪い点は、トレッド面が小砂利などで切削されやすいこと、それに暑い時期では磨耗が激しいので500kmくらいしか乗れません。冬場では1000kmくらいでしょうか。
クリンチャータイヤは2000~3000kmほど乗れましたので、極めて短寿命と言えます。

他のタイヤも試してみたいのですが、チューブラータイヤ全般が短寿命だとすれば、1本6000円のCorsa EVO CXのような高いタイヤを日常の脚に使うのはちょっと気が引けます。
というわけで、次に試すタイヤも安いタイヤ。Challenge Vulcano。

以前のバージョンはとっても評判が悪かったらしいのですが、お店で触ってみたら、とってもしなやか。
通常なら3000円くらいなのですが、2000円以下で売ってたので買い占めちゃいました。

このタイヤ、バルブコアは外れますが、バルブ長が短いので、バルブコアを移植するタイプのエクステンダーが必要です。
このタイプのエクステンダーは空気漏れも発生しやすいので、繋ぎ目にゴム輪を挟み込むか、タイヤシーラントに望みを託すしかありません。
まぁ、50mm以上のリム高の人にとっては当たり前のことですね。

さて、乗り心地です。
Stradaに較べるとやや堅さを感じます。
タイヤに腰がある感じです。Stradaのときに感じた漕いだ力のロスを感じません。
グリップは攻めて居ないので分かりません。
少なくとも、Stradaよりは乗り心地の良いタイヤです。
これで寿命が2000kmくらいなら、次はもう少し高いタイヤを試して見ましょう。

 


コメント(2) 

コメント 2

row-kuma

先日、ウエパーでTUFO?だと思うんですが、パンク後に入れるシーラントがありましたよ。
出先で入れるというのはリスクが高いかもしれませんが、もしかしたら、シーラント無しで出撃、パンクしたら注入、自走で帰宅なんてことも可能かもしれませんね。
タイヤそのものの寿命の短さ・シーラントのコスト・パンクリスクを量りにかけると、結構良いかもしれません。
by row-kuma (2011-03-08 11:27) 

shinsuke

row_kumaさん、
気が短い私にはネックがあって、少し焦って圧力をかけ過ぎてしまうとバルブのあたりでシーラントが固形化しちゃうんです。それをクリアすれば十分に”あり”です。
ちょっと探してみようっと。
by shinsuke (2011-03-08 20:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。