So-net無料ブログ作成

ある日の不思議な体験記 [走行記]

いつもの通り、吉見に行ってみるとお久しぶりのhiro62さん♪ 

一緒に左岸に渡り、桜の状況などを確かめたりして帰っている途中。

赤いスーツに身を固めたTTバーのキャノンデールを前方に発見。

暫く走っていると、迂闊にもその方に近づいてしまった。

スピードを落として距離を保つことにしたら、どこからか声がした。

「あのさ、前走っている人なんだけど。」

私 「え? hiroさん、何でいきなりテレパシーなんすか?」

「だって、声出したら聞えちゃいそうだからさ。」

私 「あ、はい。で、何なんすか?」

「あの人、速いかな?」

私 「見た目は速そうっすね~。」

「...」 「俺、暗くなる前に帰りたいんだよね。」

私 「チャレンジされるなら止めませんよ。」

「いや、そういうことじゃなくってさ」

私 「あ、あちっ、光線なんてやめてくださいよ。お尻が熱いじゃないですか」

と、前方を走る赤いスーツのお方の右に出てしまった。

こうなったらしょうがない。それにまたhiro62さんに何か技を使われるのも怖い。

ガシガシと踏み込みながら、引きつった顔で挨拶しながら、抜いてみた。

バーエンドに取り付けたミラーには満足そうなhiro62さんの顔と、赤いスーツが映ってる。

これで、もういいよね。もう脚が売切れだし、抜いてもらっちゃおう。

そう思うや否や、また声が聞えた。

「ほれ、フォースを使うのじゃ。」

私 「いや、そんなもの持ってませんって...。」

「そうなんだ...ふ~ん...」

私 「あ~っもうっ。根性だしますよ。頑張ればいいんでしょ。」

と、息も絶え絶えになりながら漕いで漕いで...。

羽根倉橋を渡るころ、赤いスーツが見えなくなった。

そして夕焼けに染まったhiro62さんの顔だけがミラーに残っていた。

私に何も期待できるものが残っていないと悟ったhiro62さんが、そこで先頭交替。

志木街道で別れるとき、その背中が数回跳ねたかと思うとhiro62さんは見えなくなった。

そして一人になった私は、夕陽に向かってとろとろと走りながら、

さっきまでのことが現実だったのかさっぱり自信が無いのだった。


コメント(2) 

コメント 2

hiro62

妄想ですよ、も・う・そ・う!!
でも、楽しかったですね。
また宜しくです。
by hiro62 (2011-04-10 22:14) 

shinsuke

hiro62さん、
次の技にどきどきしつつ...。また宜しくお願いします。

by shinsuke (2011-04-11 08:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。